筋膜を整えます

「博多あんしん整体院」では優しく触れて施術します。

筋膜イラスト

優しく触れることで筋肉の緊張を取りますが、筋肉の緊張を取る手段として「筋膜」を整えるようにしています

 

筋膜について説明します。

筋膜とは、筋肉を包んでいる薄い膜です。 

 

筋肉の形状を保ち、 筋肉の伸縮を助けます。たんぱく質繊維で構成され、繊維が網の目のように張り巡らされています。

筋膜にもいくつか種類があります。

まず、筋肉や部位ごとに筋膜があります。

それが、ネットワークを構成するようにつながり全身を覆うウエットスーツのように身体を支えています。

そんな感じなんですが、筋膜についてイメージで出来ましたか?

 

それでは、なぜ筋膜を意識して治療にあたるのかについて説明します。

 

筋膜には痛みを感じる神経が多いです。

筋膜に異常があると

 筋膜そのものが痛む。(痛みを感じる神経が多い為)

 筋肉の動きが制限される。(筋膜は筋肉を覆っている為)

 関節の可動も制限される。(筋肉の動きが関節の動きに影響する為)

 

以上から、筋膜が痛みやしびれの原因になることが多いです。

 

また、筋膜が全身を覆うウエットスーツのようにつながっていると考れば、

筋膜の異常と痛みを感じる場所が、 違っても不思議ではありません。

 

つまり、

「肩が痛いのに原因は膝の筋膜の異常だ」なんてことがおこります。

ですので、全身の筋膜を整えること非常に重要です。

 

「博多あんしん整体院」ではやさしく触れることで筋膜を整えていきます。

 

ときには、身体を揺らしながら、

ときには、筋膜のシワを伸ばすように、やさしくアプローチしていきます。

 

自然正体法学院の院長である飽田謙二先生に治療のイメージを教えていただきました。

きれいなワイシャツを着て出勤した人が、仕事を終えて帰ってくるとワイシャツがよれよれになっています。

次の日もそのまま同じものを着て仕事をすれば、さらによれよれになって、くたびれた感じになっていきます。

そこで、洗濯して汚れを取ったり、アイロンをかけてシャツのシワを伸ばしていく。

そうすることでワイシャツがパリッとして、着ている人もしっかりして見える。

このアイロンをかけてシワを伸ばすことが、筋膜を整えるとにあたります。

ですので、忙しい人ほど筋膜にシワがより易く定期的なメンテナンスが必要になってきます

 

それでは筋膜を整えていくための対策について提案します。

筋膜異常の原因は

 1.悪い姿勢

 2.動かない状態が長時間続く

 3.反復動作

で起こることが多いです。 以上を起こさないためには、

 1.姿勢をよくする

 2.身体を動かす(体操や散歩など)

 3.いつもと違う動きをする(自己療法など)

上記の対策があげられます。

 

さらに、筋膜の異常を整えていくには

「乾布筋膜滑整法」(かんぷきんまくかっせいほう)をお勧めします。

「乾布筋膜滑整法」とは、タオルを使って筋膜を整えていく自己療法です。

乾布摩擦と似ていますが目的が全く違います。

「乾布摩擦」はタオルで皮膚を摩擦して皮膚を活性化させることを目的としています。

「乾布筋膜滑整法」はタオルを身体に押し当て、 筋膜を意識して皮膚ををずらすようにゆっくりタオルを動かします。そのことで筋膜を整えることを目的としています。

 

筋膜が整うと筋肉が正しい位置に納まり、 正しい姿勢に近づく という感覚です。

「乾布筋膜滑整法」はお手軽で簡単に筋膜を整えることができます。

当サイトの自己療法のページで動画で紹介しています。click here!!

ご覧ください、筋膜によいので是非試してください。

気持ちがいいですよ。