パニック障害

2019.10 30代 女性 接客業

悩みの症状

1.パニック障害

2.肩、首の痛み

3.顎関節の違和感

施術のきっかけ

インターネットで検索して当院のホームページを見つけた。

院長が以前うつ病で苦しんだ経験があるにもかかわらず、克服して元気そうに活動しているのがホームページよりみてとれたので、施術を受けてみることにした。

患者様の感想

■最初どのような症状がありましたか

 

 首、肩が痛くて、パニック障害もありました。

 

■当院に通院して症状がどのように変化しましたか

 

首肩の痛みは無くなり、

パニック障害の症状も気にならなくなりました。

 

■当院の優しい施術を受けてみて、ここは良かったという点を教えてください。

 

どんな整体やマッサージを受けても緊張していましたが、ここではとてもリラックスできて、本当に安心して整体を受けられます。

 

■当院の施術をどんな方に勧めたいですか?

 

心身の不調があるすべての方にお勧めしたいです。

 

施術概要

1.全身の筋肉を緩める

自然正体法の「基幹の型」

2.鎖骨付近の筋肉を緩める

3.肩甲骨を動きやすくする

4.肩から首にかけて筋肉を緩める

5.頚椎のつまりを解消する

6.顎の筋肉を緩める

7.顎関節の動作を修正する

施術者の解説

患者様は福岡市から少し離れた中間市にお住まいですが、症状が治まった今でも当院をご利用してくださっています。

 

患者様はパニック障害でお悩みでした。緊張する場面で呼吸が苦しくなることがよくあったそうです。

首と肩が張って痛みを感じており、病院ではストレートネックと診断されていました。

加えて、

顎関節にも違和感を感じていました。

 

パニック障害は、自律神経に大きく影響されます

自律神経は、首や肩の緊張と頚椎のつまりに大きく影響されます

顎関節の不調は、自律神経に大きく影響します

以上を踏まえ、患者様には鎖骨、肩甲骨、首、肩、顎関節にかかる部位を重点的に施術しました

 

当院は全身を施術を施術します。その中で不調の部分に特に時間をかけて施術します

今回も全身を整えながら施術していきました。

 

鎖骨には肩、首、胸の筋肉がたくさんついています。

精神的に不安を感じている人は鎖骨付近の筋肉を緩めることで、不安が和らぐことが多くあります。

鎖骨についている筋肉に優しく触れ、わずかに引いた後ゆっくり解放することで、筋肉を緩めていきました。

 

肩こりは肩甲骨を動きやすくすることで肩にかかるストレスを小さくします。

肩甲骨を揺らしながら筋肉に触れて緊張を取り、肩甲骨が動きやすくしていきました

 

肩から首にかけては、身体を揺らしながら、筋肉に優しく触れることで緊張を緩めていきました。

緊張を緩めた後、わずかな牽引をかけ、頚椎のつまりをなくし、弯曲を回復させるよう働きかけました。

 

顎関節には、

顎の筋肉を動かしながら優しく触れて緊張を緩めた後、顎関節の動作を修正しました

 

この施術を来院の度に行いました。

 

肩と首の痛みは楽に変化していきました。

患者様はご自身で勉強した食事療法とあわせて、当院の施術を重ねた結果、パニック障害の症状は起きなくなり、精神的にも楽になっていきました

ご自身で何とかしようと情報を集め、栄養の観点からもアプローチしました。

この姿勢は大変すばらしいことだとおもいます。

 

患者様は、今でもお身体のメンテナンスの為に月に1回のペースで当院をご利用いただいています。

 

パニック障害や精神的な不調でお悩みの方には、当院のゆっくり優しい施術が適しています。

身体への負担がほとんどないことから安心して受けていただけます。

 

博多あんしん整体院の施術を是非お試しください。

【ご注意】
掲載されている内容は、施術後の結果を保証するものではありません。
整体による症状の回復には、個人差があります。

博多あんしん整体院

 福岡市博多区博多駅前4-18-26-206

ご予約 お問合せ

  090-6425-4016

       hakata.anshin.seitai@gmail.com

ネット予約イメージ画像
ネット予約受付中です