適応障害

適応障害は、生活のなかで強いストレスを感じた時、そのストレスにうまくに適応できない為に生じる精神的もしくは身体的な症状がみられる病気です。

眼精疲労のイメージ画像

適応障害は環境の変化が主な原因です。

「仕事に行けない」

「やる気が出ない」などの症状がでて社会生活に影響します。

昇進、結婚など一般的には良いと思われる変化でも適応障害は起こりえます。

 

5月病や6月病は適応障害である可能性が高いといえます。

病院で「適応障害」と診断されるとき

ストレスから3ヶ月以内に発症し、

通常予測される以上の症状であるか、

その症状のために日常生活が障害されている場合

 

に「適応障害」と診断されます。

「適応障害」と「うつ病」の違い

「適応障害」は「うつ病」と似た症状です。

 

「適応障害」はストレスの要因である場面や人間関係などから離れることで普通に過ごすことができます。

 

「うつ病」はストレスの要因から離れてもの症状が出続けます。

 

又、「適応障害」は原因となるストレスを取り除けば、6か月以内に改善させることのできる病気といわれています

「適応障害」の症状は?

症状について説明します。

 

「適応障害」は精神的身体的な症状に加え行動面にも影響します。

 

精神的な症状

 ・抑うつ、

 ・不安感、

 ・集中力の低下

 ・焦燥感、

 ・イライラする

 ・混乱して考えがまとまらない

 

身体的な症状

 ・動悸

 ・不眠

 ・めまい

 ・倦怠感

 ・頭痛

 ・腹痛

 

行動面

 ・対人関係での過敏性・攻撃性が増す

 ・思考や集中力が低下する

 ・職場不適応となる

 ・遅刻や欠勤を起こす

 

これらの症状は適応障害特有のものではありません。

適応障害はストレスによる自律神経の不調が顕在化したものであるといえます。

適応障害になりにくくするために

適応障害になりにくくするためには、ストレスをためないような工夫することが大事です。

適度の休養を確保する

気分転換を図る

一人で問題を抱え込まない

・コミュニケーションスキルをアップする

 

適応障害の身体的な症状は自律神経と大きく関わっています。

自律神経を整える習慣はとても大事です。

 

・生活リズムを整える

・暖かいお風呂にゆっくり浸かる

・水分をとる

・ゆっくり呼吸をする

・軽い運動をする

(散歩、ジョギング、ストレッチetc)

 

など簡単にできることから始めましょう。

 

行動や身体のサインに気づく

適応障害でお悩みの人は、考えがまとまりにくくなったり、日頃できていた仕事が正確にできなくなったり、時間が多くかかったりします。

仕事でケアレスミスが増えた時などは適応障害になりかけている時かもしれません。

ご自身の行動を振り返り、こころと身体のSOSに早く気づき、ストレスから自分を守ることをしてください。

適応障害になったときは

適応障害になったときは、「ストレスの原因となる環境から自分を遠ざける」など適切と思われる行動から始めてください。

 

適応障害の時の治療は

病院で行われる薬物療法

カウンセラーによる認知療法、行動療法

などが一般的です。

優しい整体がお勧め!

適応障害でお悩みの方には、ゆっくり揺らしながら優しく触れる整体「自然正体法」がお勧めです。

自然正体法は筋肉の緊張を小さくしていき自律神経を整える整体です。

精神的な不調と身体的な不調の両方に効果が期待できます。

 

自律神経の不調は筋肉の緊張が大きな原因です。

筋肉の緊張は心にも影響しています。筋肉の締め付けがなくなると気持ちの方も楽になります。焦燥感や混乱、不安感を和らげます。

 

私は首や鎖骨付近の緊張をなくしていくことで不安の繰り返しから抜け出せた経験があります。

 

博多あんしん整体院では自然正体法を用いて施術します。

ゆっくり揺らしながら優しく触れ、筋肉と体幹の緊張をほぐしていきます。

心地よいゆらぎが副交感神経の働きを助け、自律神経のバランスを整えます。

 

当院では適応障害でお悩み方が多くご来院し、結果にも満足されています。 

 

是非お試しください!

博多あんしん整体院

 福岡市博多区博多駅前4-18-26-206

ご予約 お問合せ

  090-6425-4016

       hakata.anshin.seitai@gmail.com

ネット予約イメージ画像
ネット予約受付中です